はちみつへのこだわり

季節と豊かな自然の香り... 私たちの想いが詰まった野山のはちみつ

「おいしさへのこだわり」、「花へのこだわり」、「地域へのこだわり」それが堀養蜂園の「はちみつ」です。

はちみつへのこだわり 堀養蜂園 野山のはちみつ

こだわり抜いた
『国産はちみつ』のみを
販売しています

当園で採蜜した糖度78度から82度の完熟した蜜だけをお届けいたします。
みつばち達は蜂蜜が完熟になると蜜房に蓋をかけます。私たちはみつばちが大切に集めた最高の蜜を完熟するまでじっくり待ち、美味しい「自然のはちみつ」だけを、できる限り自然のままにお届けするよう努めております。

季節の風味を楽しむ

堀養蜂園のみつばちは、主にひとつの花から採蜜された“単花蜜”を採蜜します。そのため、香りに統一感があり、色々な種類を楽しめます。
花の種類で味、香り、色彩が違うので、季節の花々から「花の香り」「味」「甘み」をお楽しみ下さい。

 

はちみつへのこだわり 堀養蜂園 野山のはちみつ

こだわりの『地域』と『人』

現在、初代・堀孝之が園主としてみつばちたちの世話をしております。
私たちは岐阜県東濃地域にて定置養蜂をおこなっております。
私たちに出来ることは、みつばちがより健康で快適に暮らせるようにと一つひとつ、手作業での管理とメンテナンス、また養蜂場の整備などこだわっております。山々に囲まれた自然豊かな岐阜県東濃地域で、みつばちと共に暮らし、はちみつの生産を行なっています。

当園で採蜜した「自家採蜜 国産はちみつ」は季節と豊かな自然の香り、私たちの想いが詰まった野山のはちみつをお楽しみ下さい。

See More Project

採蜜へのこだわり

糖度と採蜜方法にこだわりをもっており、隔王板を使用することで、より綺麗なはちみつを絞るように力を入れています。

当養蜂園は基本的に巣箱2段の蜂群で採蜜します。その1階と2階を仕切る板を隔王板といい、使用する事で、1階は子育て域、(蜂児圏)2階は蜜の貯める貯蔵域、(蜜巣のみ)と分ける事ができます。採蜜も蜂児を気にすることなく作業をできます。 流蜜の多い地域、また定置養蜂業の方が一部この飼育方法で行っています。

はちみつへのこだわり 堀養蜂園 野山のはちみつ

園主の想い

堀養蜂園の園主です!!
元々は、母親の実家が養蜂園を営んでいて、幼い頃からみつばちとは近縁で、自然がとても好きで、自然の多い岐阜県恵那市で育ちました!21歳の頃から本格的に母の実家の伊藤養蜂園にて、養蜂を学び、その後、植物、(蜜源植物)を樹木医の元で勉強し、29歳で堀養蜂園を起業し、今に至ります。 常に自然と向き合い、自然を知り、自然と共に歩んで、これからもみつばちと共に歩んでいきます。

はちみつを通して、繋がるお客様に感謝をして、満足して頂けるはちみつをお届け出来れば幸いです。

堀養蜂園 野山のはちみつ